ストッキングなどの着圧とは

ストッキングやタイツで着圧を表示しているものがあります。
例えば、10hPa(ヘクトパスカル)という感じに。

着圧とは、締め付けの圧力を示しているもので、衣服や靴下などを着用した際に、
その部位にかかる圧力を特化させることで、むくみ解消・疲労の軽減・スポーツ能力の向上などを目的としています。

ここで重要なことは、目的に応じた圧力の製品を選ぶということです。
圧力が強いからと言って、効果が高いというわけではありません。

「痛い・きつい・かゆい」と感じてしまう場合は、サイズが小さいか、圧力が強すぎて合っていない可能性があります。

自分に合ったものを選ぶことが大切です。
また、効果を実感したくて1日中履いたりしないように注意しましょう。

最後に、着圧タイツを履くと、いくら良いものでも、多少の蒸れは生じます。
なので洗濯は必須になります。
着圧タイツの洗濯方法には注意が必要で、「手洗い・日陰乾燥・乾燥機不可・漂白剤不可」という規定があります。
もちろん商品や材質によって差はありますが、基本的にはこれらを守らないと着圧が弱くなってしまい効果が薄くなってしまいます。

長く使っていて、着圧が弱くなったら変えるようにしましょう。
また、複数枚を交互に使うことで長持ちしますので、お気に入り品が見つかりましたら、まとめてお求めになると良いと思います。

shop online オンラインストア