コートとマフラー

素敵な大人女子を目指す大人女子養成講座
今回は、寒くなってきたので、防寒具に関するお話です。

日本では、玄関先でコート類を脱いでから呼び鈴を鳴らしますが、欧米などではコートを着たまま呼び鈴を鳴らすのがマナーだそうです。

これは根本的な文化の違いに由来していて、日本は部屋の中では履き物を脱ぎますが、欧米では履き物を履いたまま部屋に入ります。
従って、欧米スタイルのマナーでは、コート等を着用したままお邪魔して、「コートを預かりましょうか?」と家主に言われたら脱ぎます。
ここでの「コートを預かる」と言う意味は、「どうぞ部屋に上がって下さい」と言う意味となるとのこと。。

 

日本でも最近は、コートを着たままで呼び鈴を鳴らしても構わないというようになりつつありますが、訪問先が目上のお宅である場合には、コートを脱いだ方が無難でしょう。

コートを着たまま呼び鈴を押す場合も、マフラーや手袋はあらかじめ外しておきましょう。
カバンの中に入れると良いかもしれませんね。

 

室内に入ってから、脱いだコート類をどうするかですが、コート掛けをすすめられたら、そちらに掛けさせていただきましょう。

コートは外で着るものですから、埃が付いています。
室内に埃を持ち込まないという意味でも、変に遠慮せずコート掛けにかけさせていただきましょう。

 

またコート掛けが無い場合には、小さく折りたたんで座席の背中部分に置きます。
イスの背に掛けてはいけません。
空いている席に置くようにすすめられたら、座席部分に置きます。
畳む際には出来れば、裏返しが望ましいです。

 

最後に、コート(とマフラー)を着るタイミングですが、
マナー上は「外に出てから初めてコートを着る」ということになっています。

しかし、状況に合わせて柔軟に対応してもよいのかと思います。
訪問先でスマートに振る舞えるようにしましょうね。

shop online オンラインストア