コーヒーや紅茶の飲み方

エレガントな振る舞いを身に着けるための大人女子養成講座。
今回は、コーヒーや紅茶の飲み方の基本です。

正しいコーヒーの飲み方は、
まずはミルクもシュガーも入れずにブラックでコーヒーそのものの味を味わってから、好みに応じて砂糖やミルクを入れる…とされます。

しかし、好みもあるでしょうから、砂糖とミルクをいれても良いのではないかと思います。

まずは、砂糖とミルクを入れ、かき混ぜる時左手でカップをおさえ、右手にティースプーンを持って混ぜます。
使ったスプーンは、ソーサーの向こう側に置きます。
スプーンを使わなかったとしても、同じように置き換えます。

ここで、ソーサー(受け皿)が汚れると思って、スプーンを舐めるのはNGです。

 

さて、次にソーサーの扱い方ですが、
基本的にはソーサーは手に持たないで、カップのみを口に運びます。
ローテーブルでソファーとテーブルの距離が離れている時などは、ソーサーを膝元もしくは胸元へ持って頂いても大丈夫です。

紅茶を飲む時には、食器の色や絵柄と紅茶の水色とのハーモニーを楽しむという意味で、
胸の位置までソーサーを持ち、左手でソーサーを支えて右手で飲むようにするという方法もあります。

 

最後に、カップの持ち方ですが、カップは片手で持ちます。
両手で持つとぬるいというサインになりますので、気をつけましょう。

shop online オンラインストア