切手の話

 

「私、失敗しないので」

いざという時に失敗しないように、様々な知識を学べる大人女子養成講座。
本日は、切手のお話です。

 

メールなどで用件を済ませてしまう事も多い昨今。
あまり手紙を出す機会もないかもしれませんね。

手紙など使わないかもしれませんが、知識として知っておいて損はないでしょう。

 

さて、
葉書や封書に貼る切手の位置ですが、縦に置いた時には、左上に貼りますよね。
では、横長の場合は、どこに貼りましょう?

(1)縦の場合と同じく左上
(2)右上に貼る
(3)好きな所に貼っていい!

正解は、
(2)右上に貼る
です。

必ずしも右上でないといけないということではないですが、郵便局の消印を押す機械が読み取れる範囲が
『縦長に置いた時に、左上部分の縦7cm x 横3.5cm の範囲』
となっており、この範囲に入っていれば、機械で読み取れるので、配達が早くなるようです。
それ以外の場所に貼ってある場合には、局員さんが手で消印を押してくれるのでご心配なく。

あと、切手の向きは宛名の文字の向きと同じに揃ておいた方が綺麗です。

 

ところで、郵便料金の都合で、切手を複数枚貼りたい時ってありますよね。
2~3枚程度でしたら並べて貼って問題ないです。

 

もしもっといっぱい貼りたい!という時にはどうするか?

郵便の約款には、
『表面の左上部又は右上部に郵便切手をはり付ける余白がないときは、その表面の適宜の箇所にはり付けることができます。』
とあります。

要するに、表面なら裏側でも可という事です。
その代り、
『郵便物にはり付けた郵便切手の量目は、これを郵便物の重量に算入します。』
とあり、重くなればその分の料金も発生しますという事です。

宛名以外は切手で埋め尽くすということも出来なくはないですが。。
礼儀として、2~3枚位まででしょうか。

 

こんな時代だからこそ、時には、手紙をしたためてみるのもいかがでしょう。

 

shop online オンラインストア