長寿を祝う

素敵な大人女子を目指す大人女子養成講座
今日は長寿に関するお話です。

年齢を重ねるとその年に応じて様々呼び方が付けられていて、特別なお祝いとして長生きをしている方を敬い感謝する風習があります。
還暦や古希あたりはよく耳にすることでしょう。
次の一覧の最初に書いてある年齢は数え歳です。

 

61歳(満60歳) 還暦(かんれき)
70歳(満69歳) 古希(こき)
77歳(満76歳) 喜寿(きじゅ)
80歳(満79歳) 傘寿(さんじゅ)
88歳(満87歳) 米寿(べいじゅ)
90歳(満89歳) 卒寿(そつじゅ)
99歳(満98歳) 白寿(はくじゅ)
100歳(満99歳) 百寿(ひゃくじゅ・ももじゅ)
101歳(満100歳) 百一賀(ひゃくいちが)
108歳(満107歳) 茶寿(ちゃじゅ)
111歳(満110歳) 皇寿(こうじゅ)
120歳(満119歳) 大還暦(だいかんれき)

 

ちなみに、数え年とは
生れた時点を一歳と数え、その後元日を迎えるたびに一つ年を加える数え方です。
仏教などで、胎児が母親の胎内にいる期間も命とするという考えに基づいていると言われています。

shop online オンラインストア